名古屋エリアで声優を目指す!プロを目指すための声優養成所を徹底検証!

名古屋の声優養成所に通いたい!好感が得られる自己PRの書き方

自己PRとは自身の特技や経歴、趣味や人間性などを踏まえて自分はこのような人間であるということを名古屋市の声優養成所にアピールするものです。

なので、名古屋市の声優養成所で大切となる内面を、いかにして理解しやすくメッセージでまとめることが出来るのかがキーポイントとなります。

ここでは好感の持てる自己PRを書くときに必要なポイントを、例文を交えて紹介していきます。

 

自己紹介と自己PRが同じになってしまわないこと

自己紹介と自己PRの内容が同じになってしまっている人も少なくありませんが、これらにはちゃんとした差があります。

自己紹介とは自分の事を名古屋市の声優養成所に知ってもらうのが目的となっていて、いわゆる外見的な面を紹介するものと考えても良いのかも知れません。

名前や年齢、身長など自分自身のプロフィールを初めて会う名古屋市の声優養成所に伝えることで名古屋市の声優養成所の興味を惹くことが目的です。

その一方で、自己PRは自分自身を名古屋市の声優養成所に売り込む目的で書きます。

短い文章の範囲内で、いかにして自分自身の強みを説明して自分が今までに培ってきた能力により今後名古屋市の声優養成所に、どんな貢献をすることが可能なのかをアピールして総合的に相手に審査してもらった上で必要となる人材だと感じさせることが必要です。

もちろん、好感を持てるかといった人間性に関しても審査されています。

そして自己紹介との違いを意識して、自分の趣味や特技を1つだけに絞り込んでアピールすることが必要です。

 

趣味や特技は1つに絞ってアピールする

自己PRを書く場合には、まず自分自身が自信がある趣味や特技を1つだけに絞り込んでアピールする必要があります。

どんな人でも、それぞれに1つは必ず趣味や特技があるはずです。

自慢することが出来るような趣味や特技が1つもないと感じている人は、自分自身の持っている特徴にまだ自分で気が付いていない可能性があります。

そんなときには家族や友達に自分には、どのような特徴があるのかを尋ねてみると予想もしていなかった意外な意見が聞けるかも知れません。

審査をパスするためには、実際に審査員に会ってみたいと感じさせることが可能な内容であれば良いのです。

習い事を幾つか行っている場合は、これまで身につけたものを全部書いてアピールしようと考えてしまいやすいですが、そうすることにより、どのアピールポイントも内容が浅くて中途半端な結果になってしまいます。

そして文章も非常に長くなってしまうので読んでもらえなくなってしまう原因になりかねません。

他の趣味や特技については面接のときなどにアピールすれば十分です。

 

曖昧な言葉や表現はなるべく使わないようにすること

例文を示すと、自分は明るい性格だと思いますといった文章や自分は物事に対して慎重かも知れませんなどといった審査する方にとって曖昧な言葉や表現を使われてしまうと審査する方は判断しにくくなってしまいます。

消極的な表現とも解釈することが出来るので自分にとって自信を持っている趣味や特技であれば、そういった表現は用いません。

自己PRでは謙虚に振舞う必要は全然ないため、とにかく強気でポジティブな姿勢で臨むようにする必要があります。

そのため自己PRを書く場合は自信満々に自分は英語が出来ますという風に言い切ってしまうことが必要です。

もし曖昧な書き方になりそうなときには、一旦自分自身の心に対して出来るのか出来ないのかを問い掛けてみると言うのも良い方法になります。

曖昧にしたくなるということは、何かあった場合の言い訳にしたいという気持ちが出てしまうからなため注意が必要です。

そして難しいことではありますが、自己PRを書くときには審査する人の気持ちを考えるようにすることが合格するための近道になります。

 

記事一覧